2010年5月17日月曜日

道路や公園へ水を撒くお婆さん


愛媛県四国中央市において、市道や公園へ度が過ぎた位、
ホースで水を撒く、帽子を被った頭が変なお婆さんと、
野球帽を被り、頭が禿げ上がった、お爺さんを発見。

それは、愛媛県四国中央市のルミエールから東に入ると、
新しい道路が開通したみたいだが、その途中に市の公園があり、

公園のすぐ西側の南から2番目にある、木造平屋住宅に住む、
70歳位のお婆さんが、この公園に設置してある水道ホースを使って、

毎日、早朝や夕方、夜間、特に早朝5時から7時位に、周辺道路一体、
公園内の土間や、公園の北側に位置する駐車場などに
水を撒いているので、これらの場所が水浸しになっているようだ。

⇒ 詳細場所はコチラ


また余りに水を撒くせいか、市の公園に植えてあるハナミズキ、1本が
根腐れをおこし、枯れているようだ。

木造平屋住宅前にはなんと、緑色をした巨大な苔が、北側に向かって、
大量に発生し、この巨大な苔を公園の花壇に勝手に植えている
ようだ

さらに公園の土間に敷いているカラー舗装が、水圧によって削られ、
四国中央市が管理する公園の土間が、凸凹になっているようだ。

つまり、市の財源を勝手に使って、毎日数トン、年間で数百トン以上に
上る水道水を、無駄使いをする、まったく非常識なお婆さんじゃのう。

また、お婆さんは自宅から20メートルはある、異常に長いホースを
引っ張り出し、同様に水を撒いているようだ。

⇒ 詳細場所はコチラ


雨降りや雨上がり、寒空の下でも、これらの場所へホースで
水を撒いているようだ。

木造平屋住宅に住む、野球帽を被り、頭が禿げ上がった、お爺さんは
市が公園へ植えているハナミズキを、勝手に先手している様だ。

公園に植えているハナミズキの根元には、
様々な花々や球根を植えたり、花壇には色々な木々を植えたり、

肥料まで勝手に撒いたり、不気味な黒猫のオブジェまで
地面に指しているようだ。


公園の北面にある、市のフェンス一面にはなんと、蔓の植物を
びっしりと掻きつかせている様だ。

さらに金魚を入れた手水鉢を3つも置いたり、
鉢植えに植えた植木や、緑色の苔まで沢山置いているようだ。


親切心も過ぎれば、おせっかいになるし、さらに度が過ぎると
迷惑行為へと発展するのに、他人への迷惑を全く考えない、
『 知恵が足りん愚か者 』 じゃのう。


このお婆さんは、元民生委員だったようだが、
他人の世話をする立場であったはずなのに、こんなに
公園や道路へ水を撒き散らす行為は、元民生委員失格だな。

⇒ 民生委員とは


こういった迷惑行為をするお婆さんは、市道や公園を管理する
自治体が、迷惑行為防止条例違反や水道の無駄使いによる
条例違反で、行政指導を行うべきだな。

⇒ 詳細場所はコチラ